一般財団法人 神城文化の森 藤田財団

藤田財団財団ブログ

藤田財団ブログ  近日の活動記録は藤田財団ブログに載せています。

日本、木の文化と地域づくり

 その土地に受け継がれた、地域の生活文化や美意識、作法に磨きをかけ、他所が羨むような暮らし方を提案する。それは地域に誇りとなるだけではなく、それを支える豊かな手仕事や生業を生み出す。“ライフスタイル(暮らし)のブランド化による地域づくり”ともいえる、新たな地域活性化戦略です。そのような新しい地域活性化策に挑む「木の文化による地域づくり」の試みを紹介いたします。

寄稿記事

△ページトップへ

がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクト

 平成23年7月1日に「がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクト」を立ち上げ被災地に助力の象徴と家内安全の思いを託した【鬼に金棒人形】を届ける活動をしています。
どこか愛嬌のある【鬼に金棒人形】を見て、少しでも元気になられる事を願っております。
平成23年8月4日から平成24年8月4日の1年間の間に計12回被災地を訪問しました。
 被災地の方々には、ご多情、ご多忙の中温かく一行を迎えてくださりありがとうございました。

被災地訪問記録

各回訪問期間期間日数
平成23年8月4日(木)~5日(金)2日間
平成23年8月21日(日)~26日(金)6日間
平成23年9月12日(月)~17日(土)6日間
平成23年10月3日(月)~8日(土)6日間
平成23年10月19日(水)~28日(金)10日間
平成23年11月7日(月)~12日(土)6日間
平成23年12月11日(日)~16日(金)6日間
平成24年4月22日(日)~27日(金)6日間
平成24年5月13日(日)~20日(日)8日間
平成24年5月27日(日)~6月2日(土)7日間
平成24年7月8日(日)~14日(土)7日間
平成24年7月29日(日)~8月4日(土)7日間
平成25年4月24日(水)~4月26日(金)3日間

心の復興支援活動
東北3県の子ども達を「ほけんの窓口プレゼンツ 藤田俊哉送別試合」へ招待

 平成25年5月23日(木)に行われた「ほけんの窓口プレゼンツ 藤田俊哉送別試合」に東北3県の子ども達を招待致しました。
目  的:心の復興支援活動として、藤田俊哉送別試合へ東北3県の子ども達を招待
日  付:平成25年5月23日 木曜日
場  所:東京都 国立競技場
募集人数:1,000吊

内閣総理大臣より感謝状を頂きました。

 がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクトの功績が認められ、第95代野田 佳彦内閣総理大臣より平成24年3月14日(水)に総理官邸で感謝状をいただきました。
これからも被災者方の心の復興に力を注いでいきたいと思います。
そして、感謝状をいただいたことに驕らず感謝し、ますます人の為になる活動を続けていきます。
感謝状受贈 感謝状
※感謝状クリックで大きい画像をご覧いただけます。
△ページトップへ

その他の活動

社会貢献の一環として様々な活動を行っております。

平成25年04月26日 福島県 喜多方市立第一中学校にて

 喜多方地区少年警察ボランティア協会主催
   
 理事長の藤田勲と副理事の藤田俊哉が講演を行いました。

平成24年01月21日 京都大学経営管理大学院にて

 グローバル人材育成講演について開催協力いたしました。

平成23年10月28日 大槌町へ打出の小槌250個贈呈

 東日本大震災とともに起こった津波と火事により、岩手県上閉伊郡大槌町では甚大な被害を受けすべての催しが白紙になりました。
藤田財団では、がんばろう!日本 鬼復興祈念プロジェクトを通して『鬼に金棒人形』をお届する際にそのことを聞き、助かった命を大切にし皆さんが復興に向けて立ち上がれることを祈念し、敬老の日に寄せて【打出の小槌】を記念品として寄付させていただきました。
 贈呈させていただく「打出の小槌」は、大槌町小鎚神社にて神事を執り行いました。
△ページトップへ
藤田財団ブランド商品販売中! 藤田財団ブログ

©2011-2013 Fujita Foundation